【本田圭佑名言】下に落ちるっていうことが進化してないということではないんですよ




* West Hollywood. @paleyhollywood photo by @01homeless #LA#WestHollywood#restaurant

Keisuke Hondaさん(@keisukehonda_official)がシェアした投稿 –

成長って言葉があまり好きではないんですよ。

なんだか「成長」って言葉を使えばそれっぽく聞こえません?

日本経済も成長しなくていいと思っているし、極論として「人も成長しなくていいんじゃないかな」とすら感じています。

でも今回の本田圭佑の名言は好きですね。「成長ではなく進化」です。

下に落ちることも進化

成長ではなく進化って言葉が好きですね。進むために化けること。

様々な知恵を吸収し生きるために進化する。これって長い歴史の中で生物が繰り返してきたことです。

勘違いしちゃいけないのは、下に落ちるっていうことが、進化してないということではないんですよ。
下に落ちるのも、次に昇るための変化かもしれない。昇るために、落ちることが必要なこともある。

本田圭佑の名言は数多くありますが、これ上位にくる好きな言葉です。

特に「下に落ちることも進化」ってところがいいじゃないですか。

人って落ちたら「失敗したなぁ」とへこんでしまいますよね。だけど本田圭佑は違うんです。下に落ちることすら進化していると語ります。

これが「成長」だったら嫌なんですよ。進化だから素敵だなって感じます。

昇るための変化

下に落ちることもただのきっかけかもしれません。

下に落ちたからこそ見えるものもあるし、次につながることを学べます。

学んでしまえば同じところに落ちないし、少しだけたくましくなれますよね。

筋トレみたいなものですよ。ダメージを与えることで強くなる。そう思えば下がることも進化ですよね。

今も必要な時間

今という瞬間がうまくいっていないことも進化です。必要な時間なんですよ。

なぜなら今も進化しているからです。

下に落ちなければ10までしかいけないことも、下に落ちるという進化を経て13まで昇ることができるなんてことも多々ありますよ。

子供は怖いもの知らずです。だからこそ大人をハラハラさせる行動をします。

怖いもの知らずだから痛い目にあうし怪我もします。だから進化していくんですよ。

大人って下に落ちることを恐れすぎているんですよ。落ちることをやめてしまうと進化ができません。

昇るための今

今目の前で起きている良きことも悪きこともすべて昇るためです。

勘違いしちゃいけないのは、下に落ちるっていうことが、進化してないということではないんですよ。
下に落ちるのも、次に昇るための変化かもしれない。昇るために、落ちることが必要なこともある。

今の本田圭佑は、ミランでもパチューカでも第三者から見れば「うまくいっている」とは言えません。多くの人が「本田圭佑もそろそろか・・・」なんてことを言い出すでしょう。

でも本人はそんなことをきっと思っていないでしょうね。「今も昇るための進化」と捉えて日々すごしているでしょう。

この考え方って素敵だと思いませんか?すべて昇るためですよ。

Related Post